HOME>注目記事>賃貸業を続けるためにしなければならない業務を代行してもらう
模型

賃貸住宅の管理代行サービス

今所有しているアパートやマンション、あるいは一戸建住宅がある場合は賃貸契約を実施することで家賃収入を得ることができます。ただ、何もしなくても勝手に収入が入るわけではなく、その物件の所有者として様々な管理をしていかなければいけません。そういった賃貸管理の代行を行う管理会社は多数ありますが、実際にどの業者と契約すればいいのかは初めてだとわかりにくいです。とりあえず一番安いところを探してしまいがちですが、そういったところは書類手続きや設備の点検整備などを自分たちで行わなければいけません。それだと非常にオーナーの負担が大きくなってしまうので、賃貸管理会社を選ぶ際の基準として、様々な業務を代行してくれるところを探しましょう。

具体的にしてもらうべきサービス

賃貸管理会社は基本的に家賃の取り立て業務の代行であり、大きなトラブルになりやすい金銭上の問題を防ぐことができます。最低限の管理をする会社であった場合はこうした代行くらいしかしませんが、大手の賃貸管理会社になると物件周辺の清掃などもしてもらうことが可能です。さらには自販機などの設置や手すりなどの取り付け工事、そのほかにも住みやすくするための細かい業務を代行してもらうことができます。そういったしてもらうべきサービスが多数あるので、自分の持っている物件にどんな業務が必要かをよく考えましょう。

住宅寿命を延ばすためのメンテナンス

建物が何十年何百年ももったというのは昔の話であり、今は電気と水道設備、空調の稼働などによってかなりの速さで建物が劣化します。いざトラブルが生じてから工事をするのは賃貸住宅としては手遅れなので、毎年しっかりと点検整備していかなければいけません。賃貸管理会社ではそういった、法令に則ったやり方で整備業務を取り仕切ってくれるので安心して賃貸業を続けられます。住宅寿命を延ばすことで結果的に家賃収入も増えていくことになるため、依頼する管理会社にはしっかりとコストをかけるべきです。

広告募集中