どのような種類があるか

案内する人

賃貸保証会社を利用する場合には、主に二つの種類があることを頭に入れておきましょう。そのうちの一つは、情報専用会社とつながりがあるところです。常勤を会社とは、例えば消費者金融や銀行などで借金をしてみたけども、返済することができなかった人がいた場合その人の情報を蓄積している会社です。家賃保証会社がこれから賃貸物件を借りようとしている人の審査をする場合、情報信用会社の情報を見せてもらうことで信頼できる人かどうかを判断することになります。そのため、比較的審査が厳しくなるといえるでしょう。森種類は、競合信用会社とは一切かかわりがなく、独自の基準で審査をしているところです。過去に借金の返済を滞ってしまいブラックリストに掲載されたとしても、そもそもそのような情報を閲覧しないため審査に通りやすくなる傾向があります。

それぞれの種類との違い

間取り

賃貸保証会社の中にも、情報信用会社とそうでないところが運営している会社であることは理解できたはずです。審査に通したならば、毎月家賃を払ってもらうことを約束して賃貸物件を貸したわけです。このような契約は、非常に厳しく考えるべきで少しでも家賃を支払ない人はすぐにでもブラックリストに掲載した方がよいでしょう。また、数カ月も滞納している場合には、いよいよ本格的に賃貸保証会社の方で動き出す頃です。賃貸保証会社としては、払っていない家賃の分を請求することになるでしょう。当然ながら、払っていないのだから請求されても仕方がありません。もし、長期にわたって返済することがなければ、そのまま借金を抱えた状態で退去をする可能性も出てきます。この場合には、弁護士側としては損害賠償請求をすることも可能です。

どちらを選んだほうがよいのか

住宅模型とお金

情報信用会社とつながりのある賃貸保証会社の特徴は、比較的審査が厳しいことになります。審査が厳しいというのは、入居者が少なくなることを意味するでしょう。そうだとすれば、物件のオーナーとしてはそのようなところに入居の審査を任せるのは非常に危険と感じるはずです。ですが実際にはメリットがあることも頭に入れておきましょう。そのメリットの一つは、質の高い入居者が増えるため、賃貸物件の家賃を滞納することが少なくなることです。これにより、オーナーとしてはよけいな気を使わずに賃貸物件を運営することが可能になります。逆に、独自で審査をする賃貸保証会社の場合は過去に借金の滞納し、ブラックリストに掲載された人であっても審査に通してしまう可能性があります。オーナーとしては、すぐに部屋が埋まるため魅力的とも言えます。しかしながら、審査が甘いということは、裏を返せばそれだけ滞納する可能性があることを意味しています。

広告募集中